読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョントラベラーズ2の良さを語る

有益

ダンジョントラベラーズ2-2の情報が出はじまりました。

良い機会なので、2-2の前作にあたるダンジョントラベラーズ2の良さを語る記事を書きます。

ダンジョントラベラーズ2とは

ウィザードリィのような3Dダンジョン・ハックアンドスラッシュ型のRPGです。

ダンジョントラベラーズ「2」となっていますが、前作ダンジョントラベラーズとはつながりはありません。

むしろダンジョントラベラーズToHeart2というAVGのスピンオフだったのに対して、ダンジョントラベラーズ2は純然たる新作ですので予備知識なしで楽しめます。

作品の全体像

本作は大きくわけて、「本編」と本編クリア後の「異界」があります。

本編

クリアまでに(個人差はありますが)40時間前後必要で、壮大なチュートリアル的位置づけです。

物語を楽しみつつ、徐々に増えていく仲間、新しいゲームの仕組みを楽しみながら学んでいきます。

本編クリア時点でエンディングもありますし、本編をやるだけでも充分楽しめるはずです。(個人的には異界が本作の最大の魅力だと思いますが、そこは人それぞれ)

異界

仲間も出揃い、ゲームシステムの説明も終わった状態ではじまります。

私は異界はまだクリアしていないのですべては語れませんが、ひたすらダンジョンを攻略し強力なボスを倒すことを楽しむ展開になります。少なくとも50時間以上は楽しめるはず。

システム

前述の通り3Dダンジョン・ハックアンドスラッシュなシステムです。

会話パートは 、バックログ、早送り、オート、ボイス設定(主人公のみオフ、男性オフ)など近年のAVGでできることはたいていできます。フルボイスです。

セーブは戦闘中以外はいつでも可能です。

戦闘パートは、キャラの素早さに応じてターンが回ってくるFF方式です。結構難易度は高めで油断しているとすぐ全滅しますが、セーブがどこでもできるのでストレスはないです。

パーティメンバ全16名のうち5名を拠点で選んでダンジョン探索を行います。

パーティメンバは5種類あるクラス系統のいずれかに属していて、同じ系統の中級職・上級職にクラスチェンジできます。

上級職は全部で16種類あるのでパーティメンバでクラスの重複をなくせば全種類の上級職を使い分けることが可能になります。

また、ダンジョン探索は5名で行うので5名をそれぞれ別のクラス系統にしておくとバランスがよいです(必ずしもそうしないといけないわけではない)。

クラス系統は以下のとおりです。

  • ファイター系
    • 重装備可能な物理攻撃の要です。
  • マジックユーザー系
    • いわゆる魔法使いです。全クラス回復魔法が使えます。
  • スカウト系
    • 素早さ重視の系統。本作は素早さが高いとどんどんターンが回ってくるので手数の多さで勝負できます。
  • メイド系
    • 補助系の技が多い、本作ならではのクラス系統。戦闘終了後にパーティをオートで回復させる能力を持っているため、ひとりは入れておかないとダンジョン探索の難易度が跳ね上がります。
  • スピエラー系
    • 2で初登場の系統。ランダム要素のある技が多いです。

本作の特徴

個人的に本作ならではっぽいな、という点をメモ。

クラスの組み合わせ

本作は5系統16種類のクラスをダンジョンや敵の性質にあわせて組み合わせるのが一番の楽しみです(個人の感想)。

本編クリアまではどんなパーティでもわりとなんとかなりますが、異界ではうまくハマるようなパーティを組むと攻略が楽になるのでいろいろ試す楽しさがあります。

特定のメンバーでずっと冒険するのもいいのですが、16名をフルに活用していろいろやるのが本作の楽しみ方としてよいのではと思います。

強敵を倒す楽しみ

本作の敵は結構強いので、倒すと達成感があります。労では得られない達成感が得られます(重要)。

謎の寸劇

本作ではダンジョン攻略中に、獣人2人による謎の寸劇がボイス付きで楽しめます。

最初のころはまじめにゲームシステムの説明をしてくれるのですが、本編クリアあたりから完全に謎の寸劇と化していて最高に楽しいです。むしろこの寸劇が本編といってもいい。

また、この寸劇の発生ポイントはダンジョンをクリアするのに絶対通過するポイントにあるため、寸劇が発生すると「お、これは当たりのルートか」とわかるのもよいです(?)。

敵も味方も女性のみ

主人公は男性ですが戦闘には参加しません。全16名の女性キャラから5名を選んでパーティを組みます。また敵もすべて女性です。

主人公が戦闘に参加しないというのは、女性主人公好きの私としてはよい要素でした(視界に入らないので擬似的に女性主人公をエンジョイできる)。

敵に関しては普通にモンスターでいいんじゃないの感はありました。

声優さんメッセージ

Lv50になったキャラは演じた声優さんの音声メッセージが聴けます。主人公は戦闘に参加しないので本編クリアのタイミングで音声メッセージが聴けます。

まとめ

本作は様々なクラスを組み合わせてダンジョンを攻略したり、強いボスを倒すのが好きな人にオススメです。あと女性声優さんが好きだったりすると一層楽しめます。