読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

submitした案件のaccept

金曜日です。

2週連続で5連続定時出社を達成しました。これほどの偉業を達成してしまうとは、自分の才能が怖い・・・。


朝起きると、出会いアプリでいにしえの時代(半年前)にsubmitした案件がacceptされていました。しかし「accept即連絡の失われ(a)」というパターンもよくあるので、まだまだ予断を許さない状況です。というかなぜ今頃accept・・・。謎は深まるばかりです。


労の場では、さすがに5連続定時出社の疲れがあり、頭がぼーっとしていました。

進捗の確認がありました。こちらの「やっていっている感」をアピールしつつ、共同作業者の方からハードやツールに関する知見を共有していただきました。自分が苦手な分野の知見を教えてもらえるのはありがたいことです。

また、私には直接関係のないところで「労の本質的わるさ」を観測しました。簡潔に言うと、労の場では高速で大量のアウトプットを出すのがよいのだ、といった話を聞きました。しかし、物事には巧緻よりも拙速を尊ばない場合があります。先人によって多くの知見が公開されている分野であれば、それらを参照することで少ないアウトプットで大きな成果を出すことができるはずです。これを、アウトプットが少ないという理由で評価しないのはどうなのか、と感じました。


今日は歯医者があったため、フレックス退社しました。社の外に出ると、そこには黄昏時の美しい空がありました。ああ我々は労によってこのような景色から隔離されていたのだ、と物悲しさを感じました。


帰宅後は疲れがひどかったためぼーっとしていたら、Navarro本をやる時間が失われていました。ついでにディズニーアニメ・塔の上のラプンツェルの録画を忘れていることに気づきました。性力(せいちから)の失われが激しい・・・。

気を取り直して、スクールガールストライカーズを視聴しました。どこにでもいそうな普通の以下略がありました。久々のシリアス回、と思ったら次回はギャグ回の模様です。残り2話なのに大丈夫なのでしょうか・・・。

その後はFEHを楽しみました。属性(色)のバランスがよいメンバーです。フレデリク(緑)で引きつけ、カムイ(青)のブレスで弱体化させ、サーリャ(赤)とクレイン(無)の遠距離組で狙撃して倒す、というパターンです。

f:id:echizen_tm:20170311024332j:plain

以上です。寝ます。