読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何事もシンプルにやるほうがいい

木曜日です。


昨日は早朝出社という地獄があったものの爆速退社して家でごろごろしていたので、なんとか出社できました。やはり家でごろごろは正義。

というわけで今日は昨日のぶんも含めて様々な雑務をやりました。他には社内微積勉強会で多変数のTaylor展開の説明をしました。

そういえば、社(労の場のこと)(用語が一貫しない)で「ゼロから作るDeep Learning」を読んだ方から「パーセプトロンの説明がシンプルすぎてこれでいいのか不安になった」といったような相談を受けました。ゼロDのパーセプトロンの説明はデータに対して正しい正解ラベルを当てられるような重みを求める手続きはこれだ!という感じの簡潔なものです(だったはず)(うろ覚え)。ところが、その方は旧来の教科書(主にPRML)を読んだ経験があったために「なんらかの最適化問題を解かなくてよいのか」と不安になったようでした。個人的にはまったくの初心者にいきなり最適化問題をを解かせるのはハードルが高く、ゼロDのようにまずは具体例を見せるのがよいと考えています(実際、ゼロDも後の章で最適化が改めて導入される)。旧来の理論先行型のノリがイマイチ機械学習がエンジニア界隈で流行らなかった理由なんじゃないかと思うのですがどうなんでしょうね(ポエム)。それはそれとして、理論面を軽く流して具体例を重視してやるのはよいのですが、その後につよいマシン環境を使うぞという現世度の高い方向にいってしまうのはなるほど〜という感じ(ゼロDのことではなくdeep全体のこと)。あらゆる方向でシンプルにしておくというのはやはりだめなのでしょうか。社会は厳しい。

deepといえば、私はイマイチdeepが好きではないので、自分以外の人が「deepをやっていくぞ!」という感じになったときに多少微妙に感じても「自分が好きではない補正があるぞ」ということを考慮して賛成するようにしているのですが、それがいいのかどうなのかよくわからないな〜と最近感じています。純粋に自分の判断を完全に信じて決断を下す場合、「これまでにないよさがあるが欠点もある」もの(=有益なもの)を滅ぼしてしまう危険があるので怖いと感じるのです。しかし、ではなんでも受け入れるのがいいのかというとそれもよくわからず、結局私自身がdeepのよさを感じるしかないのかという気持ちだったりします(しかしdeepはハード属性やツール属性が大きく関わってくるのでつらい)。

今日はピアノのレッスンがあったのでやや早めに退社しました。レッスンに向かう途中でMLPの新刊を購入しようと書店に立ち寄りました。今回の3冊では"画像認識"と"深層学習による自然言語処理"の2冊を買おうと思っていたのですが、NLP本のほうは入手できませんでした。定時前にNLP本を買い占めた人材なにものなんだ・・・。


帰宅後は軽く性ゲームをやりました。というわけで寝ます。

早朝に茶番をやって疲弊した

水曜日です。


今日はなんらかの会議のために早朝出社をしました。

早朝の街はいつもとは異なる趣がありました。無の表情で動き回る労働者たちを見ていると、太古の時代に存在したという奴隷制度とはこのようなものであったのだろうな、と物悲しい気持ちになりました。

出社後は会議という名の茶番を楽しみました。開始直後に会議の存在意義そのものを否定しかねない強力なパワーフレーズ(無属性)が登場し、それに呼応するように様々な無が生成され場が無属性を帯びはじめました。会議が終わるころには疲労困憊で「すごいね」意外の言葉がでないといった有様でした。あまりにも疲れたのでフレックスで16時退社し、世界の均衡を保ちました(たまった残業ポイントを消費した)。


帰宅後は、性ゲームをやり、ロクアカを見ました。

ロクアカは原作3巻相当の話でそろそろ中だるみかなと思いきや驚きの急展開。すごいことになってきました。ロクアカはいい・・・。


ということで寝ます。

早朝に出社するのでもう寝ます

火曜日です。


今日は普通に出社に成功しました。

出社早々、昨日言及した"問い詰め"のための会議を設定しました。その後は別件の会議が複数あり順調にCPを消費しました(CP消費は順調ではないのでは)。

プロなので会議の合間に"いにしえ"を滅ぼす業務をやっていました。そろそろ"いにしえ"も残りが少なく終わりが見えてきたという状況です。しかし、無限に高いHPを持つ邪神の一体が毎ターンHPを回復しておりとても倒せる気配がないので一時的な封印をして終わることになりそうです。1000年後に封印が解かれて勇者の子孫が苦労するパターンですね。今のうちに、起動すると物悲しいBGMとともに子孫へのメッセージが再生されるシステムを開発しておく必要がありそうです。それ以前に性が得られないので子孫は登場しなさそうですが(何を言っているのか)。

いろいろあって"問い詰め"の時間になったので、なぜ重要度の低い会議が発生したのかを確認しました。それによると、我々(ある種の技術を持った人々)(しかしこのコンテキストでは私)(論文の主語がweになっているような感じのあれ)にとっては自明である事柄が多くの人々にとっては自明ではなく、それを我々(このコンテキ以下略)が会議に参加し明らかにすることが重要なのだ、ということでした。つまり我々にとっては重要度が低いが我々でない人々にとっては重要度が高いということのようでした。なるほど〜(無)。


そんなこんなで明日は早朝出社日なので寝ます。

労的な混乱があるようですね

月曜日です。


出社時に大幅な電車遅延がありました。弊では、電車遅延による遅刻はキャンセルされ定時出社扱いとなるためのんびりと出社しました(定時出社扱いとならなかったら有給を使っていたところです)。世の中の人々は一刻も早く労の場にいかなければならない事情があるようで、満員電車になんとか乗り込もうと必死でした。電車遅延時に一刻も早く労の場に来ることを要求するすべての社が滅びてほしいという気持ちでした。

出社して社内の「メッセージをやりとりするシステム」を確認すると、謎の労働者X(流行りの表現)からのメッセージがありました。その内容は「特に重要度が高いわけではない会議が開催されることが確定しているので参加してほしい」といったものでした。なぜ特に重要度が高いわけではない会議に参加しないといけないのかわからなかったので無視しました(より優先度の高い労があったのでそっちをやらないといけなかった)(明日、この件に関する問い詰めをやる必要がある)(CP消費が事前にわかっている労は悲しい)(わかっていなければいいのか)(よくない)。労の場では一般的に労働者が労的に混乱しており、このような茶番(開催しなければいけないというだけの理由で開催される会議)が開催されることがあります。悲しいことです。

それはそれとして、今日は歯医者があったために早めの帰宅をやりました。結果的に電車遅延と歯医者の組み合わせによって労の場にいる時間は非常に短いものとなりました(よい)。


帰宅後は、2日後の早朝出社に備えて体力の温存をしました。具体的にはコード書きをやらずに性ゲームを楽しみました。

以上です。寝ます。

心身の負担を避けてゲームする

日曜日です。


今日も暑く、厳しい感じでした。

定型業務をやった後は心身に負担をかけないように性ゲームをやって過ごしました。

他には、キラ☆プリを見ました。キュアマカロンが無双して敵ボスを圧倒するという面白い回でした。キュアマカロンさんがいれば他にはなにもいらなかったんだ・・・。次回は主人公が闇堕ちするらしいので楽しみです(?)。

1日の終わりにロクアカ2話を視聴し、知性を高めました。


今週は水曜日に早朝出社という地獄があるためにコード書きなどはやらずに、とにかく心身を健全に保つことのみに注力したいと思います。

なぜ人生はこんなにもつらいのか。救いはないのか・・・。

慎重に眠る時間を確保する("睡眠"を"眠る"に変えてaにした)

土曜日です。


朝(13時の意)起きたら、あまりの暑さに散髪に行きました(文がおかしい)(括弧で言及を追記したが本文は修正しない)(リアルタイム性の重視)(?)。この時期に暑いと夏バテなのか5月病なのかわからないな、そもそも両者の本質は同じなのに前者はバテで後者は病なのはどういう違いなんだろうな、などと考えながら「何もしない(散髪行為)」を楽しみました。今の場で散髪するようになって数年たちますが、さすがにそろそろ私がコミュニケーションしたくない人材だと把握していただけたようで、「労、どう?」「労、むり」といったコンパクト対話(Compact Dialogue)をやった後は特に「話しかけられ」もありませんでした(よい)。

散髪後は近くの店でカレーを食べましたが普通のカレーでした。具体的には大学時代に学食で食べたカレー程度の普通さでした。しかし値段は倍以上でした。しかし学食のディスカウントは学費由来のディスカウントであるため本質的にはディスカウントらしさはないように思われました。


帰宅後は定型業務をやりました。その後は性ゲームを楽しみ、n575の検出やマネーに関する知見を得ました(twitter参照)。

他には今週購入した物品の開封をやりました。具体的にはKiRaReの1stアルバムであるキラリズム付属のBDを楽しみました。リリースイベントの様子が収められたBDでリリースイベントらしい乱雑な感じが「ものごとのおこり(歴史の教科書風)」を感じさせてよかったです。今はまだ小さな輝きだが、ここから後に大きなコンテンツになっていくのだなあ、という気持ちで視聴しました(しかし私が注目するコンテンツは大きくならないまま滅びることが多い)。

みるみるミルキィを視聴し、やはりこういった本質的な番組を視聴することは人生で最も価値のある瞬間であるなあ、と思うなどしました。


今日はこの後、ツインエンジェルBREAKの視聴がありますが、その後に日記を書くと睡眠時間があぶないため事前に日記を書きました。

というわけで(2.5時間後に)寝ます。

労の場でノロケ聴講してしまう

金曜日です。


金曜日ですが、木曜日程度の疲れでした。しかし月曜日に有給を使っていることを考慮するなら当然の結果であるといえます。

労の場では、新しいタスクに関する要件定義などの労をやりました。不意に関係者によるノロケが披露されるといったイベントがありました。ノロケ聴講は大変重要なタスクであるため他の労を中止してノロケ聴講に専念すべきではないかと思いましたが、そういった動きはなく普通に要件が定義されました。それはそれとして Sudden Noroke (突然のノロケ)によって私の精神の社会度がアップし、性を得たい気持ちが強くなりました。しかし当然性は得られないのです。人はなぜ性を得ることができるのか。

またこの労はお昼時に開催されたためにお弁当を持参してくださいということでお弁当を持参したらなぜか他の人々はすでに昼食を済ませていて、私だけすごいいきおいでお弁当を食べるなか周囲では労が進行していくといった不思議なことがおこりました。現世には不思議な事がいっぱいです。人はなぜ暗黙のルールに従うことができるのか。

充分に社会的な行為(ノロケ聴講)をやったので、その後は通常労をやりました。驚くべき効率で労をやり、今月中のノルマがほぼ達成したかのような状態になりました。しかし、来週は既に述べたように早朝出社という地獄の責め苦が待っているのでノルマが達成済みであってもまったくハッピーではないのです。

他には論文読み会をやり、労からの完全開放を楽しみました。よい。


帰宅後はアイカツスターズを視聴しました。ローラさんが最高にかっこよかった。

その後は性ゲームを楽しみました。

以上です。寝ます。