完全に"やみ"を払えず帰宅した

金曜日です。


5労目の疲れで危険な状態で出社したら、開発労に"やみ"が発生していました。

結局、完全に"やみ"を払うことができずに定時退社することとなりました(プロの労働者なので、労が終わらなくても定時退社をする)。


疲労困憊といった状態で電車に揺られつつ、精霊使いの剣舞の新刊を読み始めました。たしかなよさがあり、わずかに気力が回復してきました。ひゃん!はいいぞ・・・。

帰宅後はFEHをやり、刀使ノ巫女アイカツスターズの視聴をやりました。

寝ます。

はっきりとしない意識で出社した

木曜日です。


朝から異常な疲れがあり、はっきりとしない意識で出社しました。

出社後は薄れかけた意識で開発労をしました。深およびツールによる死を楽しみました(楽しくはない)。

FEHの闇堕ちガチャがはじまったので「このときをまっていたのだ!」と言わんばかりに貯めておいたオーブを全投入しました。なんとかハーディンとセリカ様を獲得し、 kotonaki でした(ツイ参)。


ピアノのレッスンだったので早めの退社をしました。

レッスンメモ1. 特に問題のない状態になったのでこの曲はルーチンワークに組み込んで、新しい曲に進む。レッスンメモ2. スケールの部分だけあやしいのでそこをちゃんとやる。レッスンメモ3. 一見簡単なようで凝ったメロディの流れになっているので、そこをちゃんと押さえる。


帰りの電車では、緋弾のアリア最新刊を読み終えました。エーアイが活躍していました(ツイ参)。

帰宅後はFEHを楽しみました。眠いので、寝ます。

予期しない闇堕ちガチャに驚いた

水曜日です。


今日は会議労および開発労をしました。

ツール属性の攻撃を受け、だめになりました(だめ)。ツールはわるい・・・。

だめになったので文字列 Advent Calendar 2017 を読み進めました(いつになったら読み終わるのか?)。

帰宅の少し前、ほめられがありました。ありがたいことです。


帰りの電車では、緋弾のアリアの読み進めをやりました。このシリーズは長期化し安定したのか、最近文章の改行が減りボリュームがアップしたように思われます(よい)。

帰宅後は明日からはじまるFEH闇堕ちガチャのPVを見ました。闇堕ちはいい!特に東山奈央さんの演技がよいです。

さらにヴァエさんを見ました。彼女は既に「共感」のスキルを習得している・・・!また、千本木さんが出ていました(よい)。

Rust(chapter 19.1の途中まで)をやったので、寝ます。

Python の flake8 みたいなの

火曜日です。


なんとか出社しました。

午前中はPRML(次の勉強会の発表担当なので)を読み、午後はひたすら開発労でした。

奥義カウント(残業時間)が溜まっていたので、奥義「フレックス退勤(労の時間−25%扱いで退勤)」を発動しました。


帰りの電車では、緋弾のアリアの読み進めをやりました。物語が壮大になりつつあり、いよいよ終盤なのかという気持ちです。

帰宅後はRust(chapter 18.2, 18.3)をやりました。またTLで見かけた rustfmt (推奨コーディングスタイルに書き換えてくれるやつ)(Python の flake8 みたいなの)(n)(書いていて気づいた)(あまりにもよかったのでタイトルにした)(このことから本文執筆後にタイトルが書かれたことが明らかになった)(明らかになった、とは)(読者視点の描写)が便利そうだったので試しました。これは便利。ツールがアップ!(けり)

また、性ゲームを進めました。

寝ます。

簡潔の有益本をいただいた

月曜日です。


1労目とは思えないほどの疲れがありました。労は無理(自明)。

出社後は、開発労、ツール労、会議労をしました。

あまりの疲れから定時退社をしました(あまりの疲れがない場合も定時退社する)。


帰りの電車では、緋弾のアリア最新刊の読み進めをやりました。主人公がロリのヒモになっていました(すごい)。

スパロボXのPV2弾が公開されていたので見ました。主人公機が魔法使いタイプのようなのでウキウキです。魔法使いはいい!

今日は定兼先生の「簡潔データ構造」を献本でいただいたので軽く読み始めました(ツイ参)。有益の気配がすごい。

またRust(chapter 18.1)をやりました。

以上です。

人知れぬ闇に埋もれた物語

日曜日です。


明日から労だというのに異常な寒さがあり、だめでした。

ピアノをやりRust(chapter 17.3の最後まで)をやりました。

はぷりとルパレを見ました(スーパーニチアサタイム)。


FE覚醒が終わったので、性ゲームを再開しました。

本作(DT2-2)は前作(DT2)でのラスボス敗北後の世界という if 設定なのでどこか物悲しい感じがあり、そこがまたよいという気持ちです。ダークな世界観がよいというのもありますが、それだけではなく、王道ではない人知れぬ闇に埋もれた物語という雰囲気がつらい勢の精神に共感を与えているように思います。よい。

ともあれ、DT2主人公の影にすぎないDT2-2の主人公がどのような結末を迎えるのか?目が離せません。


以上です。寝ます。

休日は技術を磨く(ことはない)

土曜日です。


起床し、ピアノとRust(chapter 17.3 の途中まで)をやりました。

FE覚醒2周目(ノーマル)をクリアしました。低難易度モードで様々なカップリングを試し理想の得性を見つけ出すのがこの作品の本質ではないかという気持ちになってきました。戦略なんてなかった。

"彼女、お借りします"の3巻を読みました。主人公がようやく主人公らしくなってきはじめたので、よい感じがあります。新しいレンタル彼女も登場して「くっ、新手のレンタル彼女か!?」的展開になったのがよかった(レンタル彼女=なんらかの能力者)。

ブレンド・SのBD2巻の視聴をやりました。やはりいい。何度視聴してもよいものはよいのです・・・。オーディオコメンタリでも言及されていましたが、夏帆のシーツレーシマーが最高にいいですね。鬼頭さんの演技のよさが光ります。


以上です。寝ます。