無理のないタイプの労はとてもよい

水曜日です。


昨晩、早寝を試みる私をあざ笑うかのような謎の腹痛がありました(遺憾)。

しかしそれでもなんとか既存の睡眠時間を顕著に上回る睡眠を達成しました。


出社後は久しぶりのpytorch労、開発労、会議労。


帰りの電車ではアサシンズプライド10巻を読み進めました。謎の学会描写(登壇者がお気持ちを表明して、聴講者がウオーッとなる感じで特に成果の発表はない)があり、学会とは・・・人とは・・・という気持ちになりました。

帰宅後は慎重勇者2話の再放送を見ました。2話ですでに万策尽きて再放送となったわけですが、視聴者も関係者も特に怒るでもなく状況を楽しんでいるようでした。とてもよいことです。無理をしない感じで労をやり、人々もそれを受け入れるような世の中であってほしい。

以上です。

突然の疲れのために早寝する

火曜日です。


初労大成功(えらい)。しかし出社するやいなや、異様な疲れに襲われました。

開発労と会議労をしました。

謎の忙しさでpytorch労に失敗しました。最近やれてない・・・。


帰りの電車では異様な疲れから意識を失っていました。

帰宅後はGガンダムを視聴。

以上です。異様に疲れているので早寝します。

寒すぎて無理なので無をやっていた

月曜日です。


起床即、異様な寒さ。

なんだこの現世は・・・。バグか?


テンソル解析、あだ名本をやったあとは風花雪月。もちろん攻略日記も書きました(丁寧な暮らし)。

その後、バビロンを視聴。自 や性のよさに関する白熱した議論がありました。

ここで突然無理になったので無の構えでしばらく待機しました。

無から回復し、のうきんを視聴。ぼーっとみられるのでよい。

以上です。

風花雪月ルナティック攻略日記:白雲8月

8月です。

初週はいつものように散策をします。

今節から鍛冶屋が使えるようになりますが、まだ鉱石を買える状態になっていないので気軽には使えません。とりあえず鋼系武器の使用回数回復を兼ねて錬成しておきます。

そして聖人像も今節から使えるようになります。さっそくセスリーン像を「兵種経験値+1」まで上げました。鬼神(魔神)の一撃を取るためにもこれは必ずやっておきたい。他の像は「経験値+5%」まで上げておきました。

また今節もリシテアに課題協力を依頼。


さて、今節は出撃系クエストが2つあります。片方は修道院に鉱石を売ってくれる商人を出現させるために必要な重要なものです。

私は未消化のクエストが残っているとモヤモヤする性格なので2つとも早速こなします。

これで今節の出撃ポイントを使い切ってしまうことに。本当は課題戦闘までに全ユニットを中級職にしたかったのですが、いたしかたありません。


というわけで課題戦闘です。

敵レベルは15〜17。やや敵レベルの上昇が控えめになってきている様子。一方の自軍は平均レベル9。リンハルトくんだけレベル10のメイジになっています。


このMAPでは開始後まもなく自軍の初期配置の左から増援が2回くるので、早めに進軍し右上の敵を倒して場を確保しておきます。

その後、増援を迎え撃ちます。盗賊 * 2とメイジ * 2。盗賊の方が移動力が高いので自軍近辺に来るころにはいい感じで足並みが乱れています。

なおこのMAPには自軍NPCでギルベルトが戦ってくれるのですが、早々にメイジに突っ込んでいって自滅しました。弱い・・・。正確にはフォートレスとメイジではクラスの相性が悪すぎるということなのですが、それにしても中級職に瞬殺される上級職とはいったい・・・?


ところでハードではMAP中央の弓兵を適当に誘導して壁越しに倒しておくことで、中央に到達した後の戦闘を楽にする戦術が使えたのですが、ルナティックでは使えなくなっていました。

というのも弓兵が動くと弓兵以外のユニットも一気に動き出してしまうからです。


その後道なりに逆時計回りでボスを目指して進軍します。

MAP上部の真ん中あたりにくると右上端の部屋から増援が出ます。

ここで今更ながらに気づいたのですが、ルナティックでは増援部隊は出現ターンで早速動き出します!

というわけで無策でMAP上部を通過した我々は壊滅寸前まで追い込まれる羽目に・・・。

慌てず騒がず時間戻しを発動し事なきを得ました。あぶなかった。


というわけで増援部屋の下方に本隊を配置し、ベレスだけ先行させて増援発生ポイントを通過させる作戦を発動しました。

増援は2人なのでベレスならなんとか生存できると踏んだのですが、実際は増援が下方の本隊に向かってくれたので全く問題ありませんでした。

ここでの増援も2回発生するので、落ち着いて撃破します。

さらに増援発生と連動して左上方の敵も動き出しているので、こちらも撃破。


その後、左上方に鎮座したままのフォートレスを倒します。上級職ですがレベルは9とハードから変わっていないので楽勝です。風花雪月、どうやら倒さなくてもいい系の強敵は難易度によらず固定の強さっぽい?

このフォートレスは自分からは動かないものの「命中の指輪」を持っているので忘れず倒しておきたい。狙撃愛好家の私としては少しでもベルの命中率を上げておきたいのです。

そうそう、ベルといえば我が軍のベルはなぜかレベル12で力が17という異様な成長を見せています。本人のスキル「被害妄想」の効果もあり、遠距離から一気に30近いダメージを与えられるのでめちゃくちゃ助かる!


フォートレスを倒したら南下して敵兵が5人いる場所にきます。5人を一度に相手取るのはきつい・・・。

また、ここでは敵を誘い出すためにはどうやってもアーマーナイトとアーチャーの両方の攻撃を1回ずつ受けてしまいます。ただアーマーナイトは速さが低く、アーチャーも鋼の弓なので盾以外の装備を外したシルヴァンの後ろにドロテアを配置してなんとかしのぎました。

5人のうち、動き出したのは4人でした(2人いるアーチャーのうち攻撃範囲に入らなかった方が動かなかった)。少しはマシだ。

4人とはいえ2人はアーマーナイト。リンハルトとリシテアで瞬殺できたので、なんとかなりました。

4人を倒したら残りのアーチャーに接近して、こちらも撃破。ルナティック、とにかく弓兵が怖い。長射程2回攻撃やばすぎるでしょ。


その後南西の位置に自軍がきたら、中央やや下の敵を誘い出します。

ここでも5人が1セットになっていますが弓兵がいないので、シルヴァンとフェルディナントを壁にしつつ戦えば、先ほどの5人よりは楽でした。

ところで、このMAP開始前にフェルディナントは重装の才能開花ボーナスで速さ封じを習得しているのですが、これが結構便利。フェルディナントで一発殴ってからならペトラなどの速さが高いユニットは余裕で追撃をキメることができます。

またフェルディナントは技の応援もあり、ベルの狙撃サポートにも大活躍しています。さすがフェルディナントフォンエーギル。これが真の貴族の力か。


さて残るは弓兵 * 4ですが、これは2人ずつセットで動くようになっているので特に問題なく誘い出して撃破できます。

さらにボスのマイクランはアーマーナイトなのでリシテアとリンハルトで余裕の撃破。


最後に本作初の魔物が出現します。

とんでもない攻撃力で、うっかり追撃を受けると確実にやられてしまいます。

このような敵とまともに戦っては犠牲者が出てしまうので、一旦全軍を西中央あたりに退避させました。

そして壁越しにベルとペトラの曲射でひたすら攻撃。

アーマーブレイクは狙わずに4つあるバリアのうち1箇所だけ穴を開けて、そこを集中攻撃します。


そうこうしているうちに弓を使い切るというアクシデントが・・・!

しまった。もっとたくさん弓を持ってくるべきでした。

幸い魔物の体幹ゲージ(違)は2つ削るところまでいっていて、あと1回倒せばいい状態。

追撃を受けないユニットだけで総攻撃しなんとか倒し切りました。危なかった・・・。


以上です。

なんとかクリアできましたが、結構な難しさでした。

これがルナティック・・・!誰だよ簡単とか言ったのは(フラグ回収)。

絶妙に設計された問題だ

日曜日です。


昨晩、台風的なあれで無限に携帯やサイレンが鳴っており、かといって無視するわけにもいかず、結果無限に起きる羽目になりました。

失意・・・。

そんなわけで諸々が落ち着いた後、ようやく眠。


ここまでのぼうけんを ぼうけんのしょに きろくしますか?


そして5年の月日が流れた・・・(流れていない)。

起床即、台風の後始末労(つらい)をやりました。

なぜこのような突発的な労が発生するにも関わらず、労(a. k. a. 仕事労)は平常通り行われるのか。

今週まるまる休みでいいじゃん(急にカジュアル)。

そういえばちょっとした業務連絡があってメール労が発生したのですが、台風のような社会イベント後は気遣い表現を適切に挿入しないと怒られがある可能性があるので無駄に神経を使いますね(人の心がない)。


その後、ピアノ、テンソル解析、あだ名本をやりました。

テンソル解析は練習問題が絶妙で、解答が記載されていない問題は一見わからないようでちゃんと考えると解けるし、それによって過去の記述の真意が明らかになるようになっています。よい。


風花雪月をやり、攻略日記を書きました(丁寧な暮らし)。

さらにSTPを視聴。

以上です。

風花雪月ルナティック攻略日記:白雲7月

7月です。

まずは散策。今節は物語にも関係したクエストがあるのでまずはそれを済ませます。散策が独立した要素ではなくて、きちんと物語にも組み込まれているというのが、とてもいいんですよね。それにしても今後の展開を知っていると、このへんの会話は味わい深いものが多い。

そして今節もリシテアに課題協力を依頼しました。回復と間接攻撃ができるので非常に助かります。さらに敵の速さを下げることができるウォームは一撃で敵を倒せないルナティックでは大変重宝します。

散策後はひたすら出撃。先月の課題戦闘で全員がクラスチェンジ要件を満たしていたのでずいぶん楽になっています。特に魔法ユニットについては平民・貴族時は使用回数が半分というとんでもないペナルティがあったのですが、それが解除されただけでも大変使い勝手がよくなっています。

そんなわけで一番推奨レベルの高いMAP(入手金が倍のやつ)も容易にクリアできました。


ここから課題戦闘。敵レベルは14〜16。自軍は推奨レベルと同じで平均が7です。

ルナティックではボスである謎の魔道士のレベルが16となっています。一方、死神騎士はハード同様16。というわけでルナティックにおいてはこの2人のレベルが同じなのですが、能力は雲泥の差。どこで差がついたのか・・・。

死神騎士のレベルが据え置き(能力まで同じかは自信ない)なので倒せないこともないかなと一瞬思ったのですが、ハードでは余裕で中級職になっていたのに対して今回は初級職なのでちょっと危険。無理をして闇パスを取っても仕方ないのでスルーする方針で。


というわけで進軍開始。開始地点のすぐ近くに弓兵がいてとても危険です。HPと守備の低いユニットを退避させてから近づいてきたところをタコ殴りにして倒します。

ルナティックでも死神騎士は攻撃範囲に入るまでは動き出しません。ただしハードでは攻撃モードになるまでは移動力が1だったのに、ルナティックでは最初から移動力が大きい状態です。故にそのまま直進するとすぐ攻撃範囲に入ってしまいます。

というわけで左右どちらかに迂回して進軍するしかありません。左右どちらにも宝箱がありますが、右は中級試験パスで左は精霊の粉。明らかに精霊の粉の方が貴重なので左ルートを選びました。


このMAPの敵は死神騎士に限らず攻撃範囲に入るまでは動かないので自分のペースで進軍できます。ターン制限があるのであんまりのんびりはできませんが、戦力が充実してきているのでそんなにターン数がかさむこともないはず。

途中で増援(こいつらは普通に移動してくる)がきますが、構わず進軍していきボス近くのひらけた場所まできてから迎え撃ちます。


それが終わったらボス戦。楽勝でした。なんだかどんどんボスが弱くなっているような・・・(ゴリラ > コスタス > ロナート卿 > 謎の魔道士)。

ここでリンハルトくんがレベル10に。まさかの中級職一番乗りを果たしました。メイジとプリーストのどちらの条件も満たしていますが、ここはメイジ一択でしょう。魔神の一撃は基本的人権。修道士のマスターボーナスは取っていませんが、はやく魔神の一撃が欲しいので早々にクラスチェンジさせてしまいます。

またベルナデッタの力が伸びまくり15になりました。自軍で最も高い・・・。ヴァーリの穴熊おそるべし。


以上です。

ルナティック、意外と楽勝なんじゃないですかね!(フラグ)

家でやるタイプの生をやっている

土曜日です。


10時間寝ました。

台風対策で窓を封鎖していたので光が入って来ずに、自然に目覚めることができなかった模様です。


気を取り直してピアノ、テンソル解析、あだ名本をやりました。

また、風花雪月をやりました。


キセキラキ(アイカツオンパレード!のこの日記での俗称)を視聴しました。キセキラキ(姫石らき。人名)の達ムーブ(正)がすごい。

ちなみに達ムーブ(正)というのは空気を読まずに行動することで物語を動かすムーブを意味します。また、達ムーブ(負)はやらかしによる怒られの生成などを意味します。

キセキラキ(俗称)を視聴していると、アス!やアフ!のエンディング後の世界を見ることができて楽しい。物語は終わっても彼女たちの人生は続いているのだ・・・。


リステDDのBDを視聴しました。

オーディオコメンタリを3話分聴こうと思っていたのですが、1話のコメンタリの時点でKiRaReが作品のよさを無限に語ってくれていたのでたまらず1話を普通に再視聴してしまいました。作品のよさを語ってくれるコメンタリはよい。


以上です。

外界がやばげですが私の人生の大半は家の中で行われるので平常運行です(家がやられない限りは)。

どうか、何事もなく過ぎ去ってほしい(苦しみのない死を得られないタイプの災害はわるい)(地球が謎の力で一瞬で消滅するなどしてほしい)。