あまつさえツール労さえやりました

金曜日です。


最後の力を振り絞り、出社。

労は開発労、観測する労、面談労。

あまつさえツール労さえやりました(タイトル回収)。

途中で意識が朦朧としてきて開閉労不可避の状況になりました。


なんとかやりすごし定時退社。

帰りの電車ではひゃん!(a. k. a. 精霊使いの剣舞)の新刊を読み始めましたひゃん(語尾)。

帰宅後は溜まっていたアフ!2話分を視聴。リフレクトムーンの台頭、ピュアパレットの危機と重要イベントが連続し目が離せません。

寝ます。

速やかに生きる気力が消え去った

木曜日です。


連日の早寝の成果で余裕の出社。

労は開発労、観測する労(?)。

労の場で性が観測され厳しい気持ちになりました。人はなぜ性・・・。

さらに深ハラ(深層学習ハラスメント)(なんでもかんでも deep で解くことを薦めてくる悪魔の所業)があり厳しさは最高潮に(?)。

あまりの厳しさから虚無になってしまいました。

かろうじてPRML勉強会に参加し、終了。


帰りの電車ではR-18な彼女を読み終えました。本作、有益な気配もありつつ、ところどころ関係ない話が挿入されるなど、実はそんなに描きたいことがないのでは疑惑がありました。2巻(あるなら)で真価が問われるのではないでしょうか(えらそう)。

帰宅後は、TLで作画崩壊が話題の「いもいも」2話を視聴。そんなに崩壊していない感じでした。むしろ内容の虚無さが気になった。

さらに生殖アニメ CONCEPTION の2話も視聴。本作では出生した子供は「育て屋」なる場で一人前になるまで自動育成されるシステム(????)を採用しているようです。すごい。最先端の社会だ・・・。

寝ます。虚無の中、あと1労をやれるのか・・・(a)。

積みアニメ、いつのまにやら増えている

水曜日です。


早寝の力により、圧倒的出社力を発揮しました。

労は会議労、開発労、テンサーフ労。

久々だったので完全にテンサーフローを忘れていました(だめ)。

せっかくなので単純に思い出し労をせずに、流行りの eager execution (テンサーフローで chainer や pytorch のように define by run できるという、テンサーフローのレゾンデートルを消し去るような仕組み)を試してみました。簡潔に書けてよさそうでした。


ク社の技術ブログで succinct bit vectorRuby に使われているらしいことを知りました。OSSにコミットできるほどの社会力(しゃかいちから)を持ち、かつ簡潔もやれる、というように複数の"ちから"を持った人材は成功できるということなのでしょうか。

我々(?)は社会力(しゃかいちから)がないので何もできないのだ・・・。

今日は社の技術共有会があったので早速 succinct bit vector の解説をしましたが、例によってポカーンといった反応でした。もっとうまく説明できるようになりたいものです。


定時退社し、帰りの電車ではR-18な彼女を読み進めました。主人公の得性力がすごい。なんだこれは・・・。

帰宅後はグリッドマンを視聴してみました。というのも放送開始よりにわかにTLで話題になっており、大量の有益イラストが供給されていたからです。このような有益な状況をフルに享受するにはやはり元となる作品を見るしかあるまい、という気持ちになったのです。

幼少のころ特撮版を視聴していて、へっぽこ感があって好きでしたが、アニメ版もわりとへっぽこ風味でよかった。特撮版ではネクラ(死語)青年だったポジションに病み美少女が収まっていて時代を感じました。わかる〜(何が?)。


そんなこんなで結局いろいろ新番組に手を出してしまったので積みアニメが無限に増えています。なにしろ明日アフ!が放送なのに先週分を見れていない始末。やばい・・・。

寝ます。あと2労・・・!!

ゆるやかに性を感じる生がいい

火曜日です。


起床すると、スマホがネットに接続できなくなっている事件がありました。

あわや人生(a. k. a. twitter)へのアクセス手段が失われるかというところでしたが、そこはプロ(何の?)。

慌てず騒がず再起動して kotonaki でした。

再起動最強。人生も再起動したら性を得られるといったことがあってほしい。


出社後は、論文労(理想労)および開発労。

昼食で入った店でなんらかのキャンペーンが催されており半額でランチを得ることができました。よい。

人生(a. k. a. tw以下略)をしつつコードを書いていると、TL で結婚の話題が盛り上がっていてダメージを受けました。


性は、得られない間はダメージを受け続ける呪いのようなものなのです。

性に興味がない人がうらやましい・・・。

そもそも私もかつては性に興味がなかったのですが(これについては過去に日記に書いた)、ひとたび性に対する目覚めがあった以上はもはや性を得るしかない(得られない)。


以前、得性者に得性のわざについて相談したことがありました。性を得るには無のTV番組を視聴したり、「好みの芸能人」という概念を持つ必要があったり、集団でウェーイとやっている感じの写真を収集していたりする必要があるとのことでした。

このように自我を殺してまで性を得るべきなのか。性を得られない苦しみと、自我を失う苦しみはどちらが大きいのか。

性のやみは深い・・・。


性のやみで生命の危険があったので糖分を摂取し一命を取り留め定時退社。

帰りの電車では「R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ」を読み始めました。ゆるやかに性を感じる作品。こういうぬるま湯のような性に浸かり続ける人生でありたかった・・・。


帰宅後は華麗に(?)ガンダムWを視聴。

寝ます。

冒頭の "In this sudden silence."

月曜日です。


失意の起床、のち出社。

労は論文労(理想労)、話す労、設計労。


帰りの電車では君っちを読み終えました。あれでした(????)。

帰宅後、突然異様な疲れに襲われました。

はっきりしない意識の中、ゾンビランドサガ2話を視聴。OPにファらしさがあってよかった。


そういえば、ワールドエンド・シンドロームのエンディング曲 unending blue が最近お気に入りで無限に聴いています。冒頭の "In this sudden silence." というフレーズがわりと好きです。

寝ます。あと4労、無理では・・・。

人生は打ち切られても構わない

日曜日です。


起床し、ピアノをやりました。

その後、突然虚無が訪れだめになりました(だめ)。


しばらく無をやった後、北欧神話青土社)を読み進めました。

また、先週のをまだ見ていなかったはぷりを視聴し、続けて今週分も視聴しました。コラボ回でした。全体的に詰め詰めな感じがあり、よくわかりませんでした(だめ)。

その後は虚無の構えでスパロボFをクリア。完結編に到達しました(スパロボFは開発が間に合わなかったので途中でいきなり終わり、後日完結編が発売された)。私の人生も「続きは完結編で!」みたいな感じで今晩寝ている間に終わって欲しい(完結編は永遠に開発されない)。


リリスパ2話を視聴。これまで素人だった主人公が訓練して忍びの技を身につける回でした。訓練の様子が丁寧に描かれるアニメは名作。この作品はわりと好きな雰囲気のやつなので継続視聴したい。

寝ます。5労・・・。

Rust 労、やってなかった(忘れてた)

土曜日です。


今日は散髪労があったので、休にもかかわらず勤怠が管理されてしまいました。

散髪の場ではコミュニケーションが発生し、痩せた(過日参)ことに対する言及がありました。この異様な観察力はいったい・・・。

労ついでに、服を買う労(人生でも一二を争うほどの高難易度な労)をしました。邪の術法 ナニカオサガシデスカ の発動前にブツを購入し kotonaki でした。

kotona 記念に糖分(a. k. a. ショートケーキ)を買い、食べました。うまい。糖分、うますぎでは・・・。


帰宅後ピアノをし、さらに久々のスパロボFをしました。

そういえばピアノを弾くとき、録音してどんな感じかを客観的に観測しているのですが、体感よりも明らかに弾くのが遅い。倍くらい遅い。例えば模範演奏で5分の曲だと自分は10分かかっています。

これは社会の"速"が私の倍あることを示唆しているのではないでしょうか・・・。社会、やはりヘイスト(FFの魔法)がかかっていたか(?)。


労 in 休によって力が失われ、気がつくとゴブリンスレイヤーの時間でした。Rust 労をやり忘れていた・・・。

何事もなかったようにゴブリンスレイヤーを視聴。映像のクオリティが高いので安心して見ていられますね。

しかし私は不安になるようなやばい作画も大好きです。むしろやばいほうが好きという話もあります。

とはいえ前期、音楽覇王タイムで不安成分(?)は十分に摂取したので今期は安心を摂取するのもわるくないでしょう(?)。


というわけで、寝ます。Rust 労なんてなかった。