何もかも気圧のせい、とする一派

火曜日です。


起床即、異様疲労

さらには頭痛や腹痛、神経痛がありました。

気圧ですね(すべての体調不良は気圧のせいである、とする一派)(一派?)(この一派によると、異様疲労のような健康診断にひっかからないタイプの不調は気圧のせいではないとされている)(????)。


労は無限に仕様労をやっていたら終わりました。

このように仕様労は客観的に見ると時間もかかるし大変なのですが、精神的な負荷がないのでそんなにつらくはありません。

よいことです。


労後はスライム300年。異世界スローライフの民が、公開シンポジウムを開催する回でした。なんだこのラノベ・・・。

以上です。

FEH日記 2021-03-02

飛空城は位階38維持。

さらに初の金玉座を得ました。

快挙です。


というわけで久々の光闇シーズンでの天界。

防衛は無事成功。相手はトラップに気づいていないようでした。


そして攻撃。相手は、踊り子2人に比翼リーヴ、比翼ベレスが配備された、極めて攻撃的な編成。とても危険です。

しかし、私はこのような相手がくることを想定して、対策を用意していました。

最強の戦士、そう総選挙ヘクトルの投入です。無凸ですが、神竜の花を10凸し、さらに隣には遠距離警戒を2つ積んだピアニーを配備する鉄壁の構え。

属性相性有利ということもあって、初ターンでのリーヴとベレスの猛攻を凌ぎ切りました。さすが最強の戦士。不治の幻煙で回復ができませんでしたが、ダメージをほぼ受けないので回復の必要もありません。

これまでの自分の防衛失敗の履歴を見ると、負けのパターンはほぼ決まっていました。それはバフを完備した最強のキャラで受け切られての敗北。これを真似した格好です。

ここさえ凌いでしまえば、後は余裕。ノーミスクリアとなりました。


以上です。

異世界の民もツールで死んでいた

月曜日です。


起床し、労をやりました。

すでに動いているシステムを穏便に新仕様に移行していくという、たいへんセンシティブな労でした。

精神力を要する労ではあるものの、やはりツール労よりははるかによい。

どこから移行していけば問題が起きないかというのを考えるのはそれなりに楽しいのでよい。失敗したら怒られ案件だというのが唯一にして最大のだめポイントですが(それはそう)。

まあ最終的には労性(失敗したら死)があるものはなんでもだめなんですが、そこ以外の部分では、仕様労はよく、ツール労はわるい。

やはりポイントは自分で考える要素があるかどうかということですね。ツールはひたすらトライアンドエラーするゲームだから全然楽しくないんだよな。なにがトライアンドエラーだよ、おれは考え抜いた渾身のトライ1発で最高の結果を出したいんだ。

ツールにしても婚活にしても、トライが嫌いすぎるのが災いして何もかも上手く行っていない気がします。人生に向いていなさすぎる。

何も考えずにトライアンドエラーする、そういう存在でなければ厳しい人生を生き抜くことはできないのです。


労後はスライム300年12巻。人々がツールダメージで発狂する回でした。異世界スローライフの民までツールダメージで苦しんでいる。こんなことがゆるされるのか?

以上です。

FEH日記 2021-03-01

投票大戦の1回戦が終わりました。

ここで勝ち残った4人がガチャで登場するということで、極めて重要な戦いでした。

結果はセイロス、リン、カムイ、ディミトリ。

未所持のリンとカムイが入っているのがうれしい。そしてセイロスは竜鱗障壁、ディミトリは迅雷風烈と極めてレアなスキルを持っています。

これは何が何でも天井まで引きたいガチャになりそうですね。

配布は、個人的にはリンがほしい。ただセイロスは今のところ7人防衛ができる唯一のキャラなので、配布としてはこちらのほうが適任な気がします。ガチャの結果でゲームの有利不利が極端に変わってしまうのはよくないので。


飛空城は2回攻め込まれ、1回成功1回失敗でした。相手は凸多めだったのでやむなし。

攻撃は相手が6人防衛、しかも物理近接ばかりでした。助かった。

パパフォンスの鉄壁の護りでなんとかノーミスクリアできました。

今シーズンの攻撃は梯子を使い切ったものの、全戦ノーミスです。快挙。

スコアも20,900を越えているので天界維持は確定のはず。あわよくば金椅子を狙いたいが果たして。


それにしても今シーズンの飛空城は護り手に助けられっぱなしでした。本当に強い。

ガチャ終了まであと3日ありますし、未所持であれば狙う価値は充分にあるかなと思います。

明後日に来るであろう新英雄PVのラインナップを見てからでも遅くはないですが。

以上です。

ソウカツ!2021.02

2月の総括です。

  • 社会と労
    • macのバッテリーがおかしかったのが、macOSのせいだったことが判明した
      • Apple is Really KUSO....
    • 定時リモート出社に失敗した
    • 難しめの仕様労をはじめた
      • 任意の仕様労は任意のツール労よりも楽
    • リモートRust会
  • ルーチンワーク
    • ピアノ、Navarro本、実践Rust本、バレエ・リュス本、FEH日記
  • ゲーム
  • スマホゲー
  • ラノベ
    • 「スパイ教室」4巻
    • 「転生王女と天才令嬢の魔法革命」3巻
    • 「声優ラジオのウラオモテ」4巻
  • コミックス
  • アニメ
    • 通年
      • ヒーリングっどプリキュア(最終回)
        • 世界中の人々が急に「生きたい!」と連呼していて怖かった
      • トロピカル〜ジュ!プリキュア(新番組)
        • 敵が非労者で、無限に横をやっていた
      • アイカツプラネット!
    • 冬アニメ
  • その他
    • 22/7検算中
    • 週刊リステップ

何よりも優先的に横をやる

日曜日です。


起床しピアノ、Navarro本、バレエ・リュス本。

バレエ・リュス本では、唐突にケインズ(経済学者)の得性エピソードが出てきました。

結びの一文が「そして彼の経済理論は結婚生活においてもうまくいったのである」。

なんでちょっと上手いこと言った風なんだよ、いいかげんにしろ!

結婚生活がうまくいく経済理論を知りたい人生だった。


トロピカル~ジュ!プリキュアが始まりました。

昨日の日記で「来週は〜」みたいなことを書きましたが、日曜日に放送したのを積んでいて土曜日に見たために時間間隔がバグっていただけでした。

そしてトロピカのプリ。とてもよいです。

主人公サイドは無限にやる気があり、敵はやる気がない。

敵のボスは終始、横になったままでした。よい。

部下からプリキュア出現の報告を受けたときも、明日考えると言って何もしませんでした。

すごい。圧倒的非労者です。何よりも優先的に横をやる姿勢、見習いたい。


アプ!を見ました。とてもよかった。

本シリーズではバトルで主人公が常に勝つタイプの作品ではなく、その回でメインになっているキャラが勝つことが多い。

先週、今週と主人公以外がメインだったので「これは主人公2週連続敗退か」と思ったのですが、主人公が勝ちました。

今週メインのキャラはいわゆる強キャラで基本的に勝つイメージのキャラだったので、逆に負けることでエピソード性を生んでいるわけですね。

この作品、バトルにおける勝ち負けの塩梅が上手い。特定のキャラが勝ち続けることなく、物語にとって自然な形で勝ち負けが入ってくるのがよいです。

そして次回は新キャラ追加。そしてボルダリング回のようです。新キャラ追加という重要な回で、ア!伝統の崖登りがくるのはいいですね。


にわかに謎の頭痛が発生しました。気圧か?(頭痛は全部気圧のせいにしていくスタイル)

横の構えで真メ3を進めました。


休みが終わる。

2月も終わる。

この勢いでいきなり人生も終わってほしい。


総括やって寝ます。

以上です。

FEH日記 2021-02-28

3月アップデート情報がきました。今回はすばらしいアップデートが多い。


まず、武器錬成に超英雄が加わりました。ノノのグリモワール。おそらく専用武器を持っている超英雄を古い方から順に錬成を実装していくのだと思われます。

なぜそう思ったか。それは最近の超英雄ガチャにおいて専用武器持ちが一番引くモチベーションが低いからです。比翼・双界は明らかに当たり。汎用武器持ちは素材価値が高い。となると、いずれ使わなくなる専用武器持ちの立ち位置が一番厳しい。これを解消するために優先して錬成を与えていこうということではないでしょうか。

そして、最初に専用武器を持ってきたのがアクア(ウルズ)。しかし今のところ踊り子キャラの錬成は避けられているようなので、2番目に実装されたノノのグリモワールが錬成対象になったのではないでしょうか。

ということを踏まえて専用武器持ちの超英雄を実装順に見ていくと、アクア、ノノ、ヘクトル、カチュア&シャロンという順番になります。遠反持ちのヘクトルは恒常の錬成もまだなので、おそらくアクア同様スルーされるはず。となると、次はカチュアの可能性が高い。

やった!!!!思いのほか早くカチュアさんの錬成がきそうです。偶像をもらっておいてよかった。カチュアとシャロンは類似した武器なので同時に錬成がくるんじゃないかと思っています。

ところで配布だと専用武器を持っている超英雄は幼女アクア、幼女ミネルバフランネルの3人だけでした。アクアは踊り子だし、他の2人は最近のキャラなので錬成はしばらくこなさそう。というわけで配布超英雄の錬成はあまり期待できなさそうです。ていうかフェーくん幼女につよい武器渡しまくってるのうける。

そうそう、ノノ以外の錬成はアイラ、イシュタル、リオン、ラーチェルということでこちらも期待大。どれを錬成するか迷いますが、今のところイシュタルが第一候補です。聖戦の神器は強くあってほしい(お気持ち)。


毎月の秘伝書ラインナップに、3月は配布エルトシャンがいます。

配布キャラの秘伝書がラインナップに加わるのは、おそらく初。

しかもエルトシャンは戦渦報酬。復刻でそれなりに数が集まる大英雄と違って、3人目からは聖杯を使わないといけなかった。これが秘伝書でもらえるのはとてもありがたいことです。


秘伝書といえば、常設のほうも新しいものが追加されるようです。

これはそろそろきそうだと期待していた反面、既存の秘伝書が取れなくなるのかと心配もしていました。

しかし、そんなことはなく新規用の紙片で既存の秘伝書も取れるようです。

よかった。罠解除を取ろうと思っていたけど紙片が足りなくて、いつラインナップが変わるのかと少し不安でしたが、今回の情報で安心しました。


そして、地味ですがありがたいのが「シャロンと学ぼう!」がアプリから見られるようになったこと。

この「シャロンと学ぼう!」ですが、ゲーム内のヘルプよりよほど情報が充実しています。ダメージ計算式とかも書いてある。

こういう必須情報がきちんとアプリ内で見られるようになるのは、とてもよいですね。


リバイバル召喚の特別チャンスでアルムを得ました。

5凸目。ありがたい。

特別チャンスは本当に助かります。


飛空城は防衛失敗。しかし2デス取っていたので無失点でした。よかった。

攻撃は、なんとかノーミスクリア。

相手はセライナ、デュッセルに踊り子3人というとんでもない防衛。どうすんのこれ状態でしたが、トライアングルガード作戦(過去日記参照)でなんとかいけました。

ところで、とんでもないと言いましたがよく考えると自分もこの防衛に似た防衛にしてました。だからこそ弱点もわかっていたというか・・・。

加えて、梯子のない背水の陣なので慎重にやったのがよかったのかもしれません。

明日の最終日もなんとかがんばっていきたい。とりあえず攻撃は今のところ失点がない(梯子は使い切ったけど)ので、明日は多少デスが入ってもクリアさえすれば天界維持できる気がします。

そういえば、次のアップデートで位階39きますね。前に1回だけ天界維持したときは位階38なのに金玉座になれなくて、38どれだけ人いるんだよという感じだったので39追加は妥当かと思います。


以上です。