読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実世界でがんばると疲れる

魔法少女育成計画、最高のアニメですね(挨拶)。


祝日なのでピアノをやりました。涼しくなってくると音の響きがよくなるのでモチベーションが上がります。


Python機械学習プログラミング」をやりました。

Pythonで降順にソートする際に[::-1]という不思議な書き方をしているコードがありました。Pythonではこういう書き方ができるんですね。なんでこれでいいのか調べようとしましたが、ググラビリティがわるく途中でやめました。配列のスライスっぽいけどそれだったら[a:b]みたいになるはずだし"::"ってなんなの。

前職時代は平日深夜や休日もプログラミングに結構時間を使っていましたが、プログラミングは労の場でもやってるので休日までそれをやってしまうと人生のバランスがわるくなります。

なので一時期、家では論文や教科書を読むだけでプログラミングをしないようにしていたのですが、全然ツールに慣れていないとそれはそれでつらいことがわかってきたので「休日は1日2時間まで」と制限をつけてプログラミングをしています。それでも2時間も取られてしまうのはつらいですが。労さえなければ・・・。


愛を探すアニメ、レガリアを視聴しました。

水着回→温泉回→本編、と怒涛のイベントラッシュでした。最高。

本編の部分ではレガリアの過去が語られる重要イベントがありました。私はこういう「かつてあった出来事が当時を知る人物から主人公に伝えられる回」というやつが大好きです。

似たようなやつだと「かつてなんらかの重要な実験が行われていたであろう、破壊された研究所跡地を主人公が訪れて、なんらかの発見をする回」というのも大好きです。ファンタジスタドール2話は最高でしたね。


ダンジョントラベラーズ2を少しやりました。「無間地獄ゲヘナ」を攻略中です。とくに嫌な仕掛けはないものの広いMAPを探索するタイプのダンジョンで敵も結構強いので正統派な感じです。(マネーを要求してくる扉はあった。社会は厳しい)


出会いアプリをやりました。どうやら連絡の失われがあった感じです。

私見ですが、出会いアプリというのは「性がコンバージョンするまで選択肢を選び続けるゲーム」という感じです。相手側は好感度スコアtop-kの人材との連絡を継続する仕組みなので、top-kから脱落した瞬間死ぬ連絡の失われがあるという仕組みですね(多分。違ってたらすみません)。そして、top-kのkはフェイズが進むごとに小さくなり最終的には1になります(そりゃそうだ)。

なのでとにかく突然連絡の失われがある感じで、相手に対して真剣であればあるほどダメージがでかいようになっています。厳しい。

連絡の失われは、結果的に「相手のtop-kに入れなかった」に依存しているようなので「選んだ選択肢がよくなかったことによるスコアの低下」が原因なのか「強力な高スコア人材が出現した」のが原因なのかがhidden variableであるのが厳しいですね。


そんな感じです。明日は労です。どんなに生がわるくても労は続く。悲しいことです。